成層圏まで飛ぶ宇宙気球が開発 「青い地球」を見られる時代到来

1: 良からぬ世界 2020/07/02(木) 08:30:35.72 ID:CAP_USER
→高度30kmまで上昇する宇宙気球「ネプチューン」が開発される
→ネプチューンからは地球を眺めることが可能であり、6時間で宇宙旅行の気分が味わえる
→ネプチューン内なら成層圏での結婚式も可能

「Space Perspective」は、高度30kmまで上昇する気球「ネプチューン」を開発しました。

ネプチューンに乗るなら、実際に地球をこの目で眺めることができ、

宇宙旅行の気分が味わえます。

ネプチューンを用いた旅行ビジネスが計画されており、

人々は6時間ほどの往復旅行を楽しめるのです。

続きはソースで

https://nazology.net/archives/63528

“成層圏まで飛ぶ宇宙気球が開発 「青い地球」を見られる時代到来” の続きを読む

【宇宙人】「100個の星が突然消えた」地球外生命体の可能性も

画像出典元

1: 良からぬ世界 ID:bYYoM1NJ9
20世紀の古い天体観測データと21世紀の新しい天体観測データを比較する研究により、わずか数十年間で100個もの星が不可解に消失していることが判明しました。自然現象による消失や誤観測の可能性もあるものの、研究者は「地球外知的生命体による何らかの活動の痕跡」という可能性も排除していないそうです。

The Vanishing and Appearing Sources during a Century of Observations Project. I. USNO Objects Missing in Modern Sky Surveys and Follow-up Observations of a “Missing Star” – IOPscience

Weird ‘Vanishing Stars’ Could Potentially Be Aliens, Study Claims

北欧理論物理学研究所の天体物理学者であるBeatriz Villarroel氏とスペインのカナリア天体物理研究所の研究チームは、歴史的な観測データから地球の近くでいきなり消失または出現した星を探す、「Vanishing & Appearing Sources during a Century of Observations(VASCO)」というプロジェクトを進めています。

2017年に始まったVASCOの研究チームは、「星がブラックホールに直接吸い込まれでもしない限り、星がいきなり消滅する既知の物理的プロセスはありません。もしブラックホール以外の理由で星がいきなり消滅した場合、これは未知の天体現象や高度な技術を持った文明の兆候を探る試みにとって興味深いものとなります」と主張しています。

研究チームは20世紀に収集された天体観測データ、特にアメリカ海軍天文台によって観測されたデータと、2008年から観測が開始されたパンスターズ計画によるデータを比較分析しました。観測データに記録された6億個ものオブジェクトから、研究チームは「古い観測データには記録されているのに、最新の観測データには記録されていないオブジェクト」を15万1193個も発見したとのこと。

しかし、研究チームが新たに発見された「突然消失した天体らしきもの」をさらに詳しく分析したことで、これらのほとんどがレンズの汚れや視覚的錯誤によるものであることが判明しています。それでも、およそ100個のオブジェクトに関しては簡単に説明を付けることができなかったそうで、研究チームはこれらのオブジェクトを「red transients(赤い突発天体)」と名付けました。

100個のオブジェクトは色が非常に赤い傾向にあり、観測視野全体を典型的な天体よりも大きく横切って移動するという特徴がみられました。研究チームによると、小惑星、高速で移動する星、または単に視界から消えた星という可能性は、すでに除外されているとのこと。

一般的に、光を発する大質量の恒星は最終的に白色矮星となって燃え尽きるか、超新星爆発を起こすかで消滅します。しかし、今回発見された100個の消失したオブジェクトは、記事作成時点でこれらの自然現象によって消失した痕跡が確認されていない模様。また、非常に低い可能性として、「天体がブラックホールに吸い込まれた」という説もありますが、VASCOの調査中にブラックホールに吸い込まれる星に遭遇する確率は無視できるほどに低いそうです。

興味深いことに、研究チームは新たにAstronomical Journalに掲載したVASCOプロジェクトの現状報告の中で、「消失したオブジェクトが地球外知的生命体によるものである可能性」についても論じています。赤いオブジェクトの原因として、星間通信に使用される強力なレーザー光、あるいは恒星からエネルギーを取り出す「ダイソン球」の熱廃棄物という可能性を研究チームは考慮していますが、むやみに地球外知的生命体の可能性を高めることは控えるべきだとも指摘。

「今回発見された『いきなり消失したオブジェクト』が、いずれも地球外知的生命体の直接的な兆候を示していないことは明らかです。私たちは、これがやや極端であるものの天体物理学的な理由によるものだと信じています」と、論文の共著者であるカナリア天体物理学研究所のMartin Lopez Corredoira氏は述べました。

2019年12月18日 11時36分 gigazine

“【宇宙人】「100個の星が突然消えた」地球外生命体の可能性も” の続きを読む

「月」の不気味さの正体【宇宙】

1: 良からぬ世界 2017/04/06(木)23:38:01 ID:6Ev
・地球からいつも同じ面が見える
・太陽と同じく半日で東から西に沈む(ように見える)
・地球から太陽と全く同じ大きさに見える
・太陽と同じ経路を辿ってる(ように見える)

他の太陽系の惑星でもありえるの?こういう事

“「月」の不気味さの正体【宇宙】” の続きを読む

超古代文明ってあるの?

1: 良からぬ世界 2017/05/13(土) 03:32:11.052 ID:VsqkfJs4d
核戦争で滅んだってマジ?

“超古代文明ってあるの?” の続きを読む

宇宙人とか超常現象について語りたい【宇宙】

画像出典元

1: 良からぬ世界 ID:mtG

さあどんどん語れ!

“宇宙人とか超常現象について語りたい【宇宙】” の続きを読む